Home arrow Students Blog arrow 卒業ブログ
卒業ブログ
作者 今田 耕太郎   
2019/03/19 Tuesday 14:13:28 JST

 ご無沙汰しております、修士二年の今田です。この度、無事卒業が決まったということで3年間のお礼を述べるとともに卒業ブログを書かせていただきます。

 

 研究では地盤の大変形領域に着目した地盤崩壊挙動の実験・解析に関する研究を3年間従事させていただきました。私が学部4年生の頃、偉大なる先輩である三浦さん主導のもと、同期の大久保さんとともに卒論を書き上げたことを懐かしく思います。

 当時の研究をベースに、手法を変え、研究対象を変え、少しずつ進化しながら研究を進めてきました。あれから2年、私にはもったいないぐらい優秀な後輩、江崎くん、佐藤くん、舩橋くんが着いてくれました。正直、私自身勉強不足でわからないことが多く、何度も悩んで、真っ当なアドバイスもできず、頼りない先輩だったかと思います。それでも後輩たちの優秀さに支えられました。3人には本当に感謝しています。

 また、赤木先生をはじめとして、清水建設の桐山さん、斎藤さんにはゼミの際にたくさんのアドバイスをしていただき研究の方向性の決定・結果の考察、検討を重ねていただき大変お世話になりました。まだまだ研究不足であったかなと反省しております、すみません。十分な研究成果とは言えないかもしれませんが、おかげ様で修士論文を書き上げることができました。重ねてお礼申し上げます。  

基本的には憂鬱なゼミでしたが、報告前のアイスブレイクで雑談の時間を設けていただき、非常に有意義でタメになる時間でした。知識や教養を身に着けることの重要性や話題の幅広さに圧倒されつつも、今後私自身の人生においても生かしたいと思っております。

imada201901.jpg


M2修論発表会(地盤・土質研究室合同)

 


さて、私の春休みはというと、2月の中旬から下旬にかけてヨーロッパ旅行へ行ってまいりました。場所としては、イギリス(ロンドン)、フランス(パリ)、イタリア(ローマ(バチカン)、ヴェネツィア)の3か国4都市です。

 ヨーロッパに行くのは初めてで、文化や環境の違いを肌で実感することが出来ました。特にパリやヴェネツィアは街並みの美しさに非常に感銘を受けました。一緒に旅行に行った学科の友人は交通計画に詳しかったり、教養のある友人であったため、歴史や地理に関する知識を踏まえながらヨーロッパの街並みについて語っていました。現地にいた時は、なんとなくわかったような気がしていましたが、帰国した今ほとんどその内容を覚えていないあたり育ちの違いが出てしまっていますね、でもとにかく、綺麗で美しくて楽しい旅行だったな、と思います。旅行の写真のほんの一部ですがお届けいたします。

 


 

imada201902.jpg

左:サンピエトロ大聖堂(バチカン)、右:トレビの泉(ローマ)

トレビの泉を背にコインを投げ込むとローマに帰ってこれる、らしいです


imada201903.jpg

水の都ヴェネツィア(リアルト橋から)

imada201904.jpg

左:ご存知エッフェル塔、右:サントシャペル教会のステンドグラス

パリは街中どこに行っても写真映えする景色ばかりでした

imada201905.jpg

 

エッフェル塔からの夜景をバックに私です。調子乗ってますね

imada201906.jpg

ロンドンのタワーブリッジ

 

 間違いなく生涯で最高な旅行になりました。

3月は打って変わって、あわただしかった修論執筆中とは真逆のようなマッタリとした生活を送っております。睡眠時間は毎日8時間以上と十分に確保し、読書・筋トレ・YouTube鑑賞など非常にゆっくりとした生活リズムで過ごしております。それもそのはず、ヨーロッパ旅行のおかげで3月の出費がとんでもないことに、当面は一文無し、時間ばかり持て余している状況であります。少しもったいない過ごし方かもしれませんが、来月から社会人として働く身としてはこんなにゆっくりと過ごす時間はもうないと思うと、意外とこの生活も良いのかなと身に染みております。あと2週間で社会人になるとはとても思えない生活リズムですが、徐々に整えないと、と焦りを感じております。。。


 

 この三年間を楽しく過ごせたのは、赤木教授、有浦さん、アリレザさん、先輩・後輩の皆様のおかげです。特に秘書の有浦さんには、研究室に関わるお金のことをはじめとして、様々な面倒な事務手続きをご支援いただきました。解析のことで2階の研究室にいることが多い時期は、有浦さんとおしゃべりする時間が癒しの時間になっていました。ほんとうにありがとうございました。

また、学会活動には頻繁に参加させていただき、どの場所も思い出深かったです。名古屋、福岡、北海道と場所のタイミングにも恵まれ、研究成果の発表とともに憩いの時間でありました。

 後輩たちには、研究はもちろんのこと僕たちの悪ふざけに付き合わせてしまって、大変申し訳ないとともに、沢山ノリ良く受け取ってくれて助かりました。みんなが楽しそうにしている時は私自身も楽しかったなと思います。これからもみんな仲良く、楽しくやってください!!約束です!!

同期とは、いつも楽しくおしゃべりして、遊びつつ、勉強しつつ、非常に充実した研究生活を送ることができました。最初こそ仲良くない7人ではあったけれど一緒にご飯食べて、一緒に研究して、一緒に文献をこなす中で徐々に打ち解けて、みんなで旅行に行くまでになるとは思いませんでした。みんな人柄がよすぎて申し訳ないぐらい、毎日楽しく過ごせました。いつもありがとう。赤木研究室に入って本当に良かった。

 

imada201907.jpg

M2旅行、熱海からの帰りです

 

 

 

imada201908.jpg

卒論・修論発表会飲み会(わっしょいにて)

 

最後に、皆様、お酒はほどほどに!

お世話になりました、ありがとうございました!

 

 

最終更新日 ( 2019/03/19 Tuesday 15:27:16 JST )
 
< 前へ   次へ >