Home arrow Students Blog arrow 全国土木大会の報告 西山
全国土木大会の報告 西山
作者 西山 柾克   
2018/10/12 Friday 10:44:01 JST


赤木研究室修士1年の西山です。

 

今回は、北海道札幌市で行われた全国土木大会の報告をさせていただきます。

 

私は「鉄道沿線の崩壊斜面を対象とした剛塑性有限要素法を用いた斜面安定解析 」という題目で発表致しました。

 

今回発表した内容を簡単に説明致しますと、実際に崩壊した斜面を対象として(現在該当斜面は適切な安全対策がなされております)、斜面の断面モデルを作成し、現地調査や当日の降雨データを用いて崩壊に至るまでの斜面の状態を再現し、剛塑性有限要素法と呼ばれる手法を用いて斜面の安定性を解析し、実現象と解析結果が一致するかを確かめ、剛塑性有限要素法の適用性を検証致しました。

 

また、学会では同様に鉄道沿線における斜面の安定問題に関する研究発表が多数あり、大変興味深く、知見を深めることが出来ました。

 

話は変わりますが、北海道と言えばジンギスカン、そしておいしい海鮮、札幌ビールが名物ですね。学会以外ではこういった北海道のおいしい名物に舌鼓を打ち、大変充実した学会期間となりました。


写真は学会初日に行ったお寿司の食べ放題の写真です。120分間で限界まで食べ続けました笑



nishiyamasapporo.jpg


 

昨年の宇都宮に引き続き2回目の学会発表でしたが、先程述べたように、研究面でも、それ以外の面でも非常に充実した学会期間となりました。


修了まであと1年と少しですが、より一層気を引き締めて、邁進して行きたいと思います。





 
< 前へ   次へ >