Home arrow Students Blog arrow 第53回地盤工学研究発表会報告 廣瀬
第53回地盤工学研究発表会報告 廣瀬
作者 廣瀬 雅弥   
2018/08/24 Friday 15:52:37 JST

赤木研修士2年の廣瀬です。


今回は先日参加させていただいた高松の地盤工学研究発表会の報告をさせていただきます。

私は「強熱減量試験を用いた高吸水性ポリマー改良土の填充率の推定 」というテーマで発表をして参りました。地盤中のポリマーの分布を強熱減量によって推定しよう、とういものになります。発表自体はいつもの学会と同様簡素なものでしたが、研究の根本的な部分に関する質問を2名の方からいただき、自分の研究に興味を抱いていただける喜びを感じることができました。

2018jibanhirose1.jpg

初日は、高松といえばやはりうどん!ということで、夕食にうどん、そのあと飲み、そして〆でまたうどんという流れでした。うどんはおいしかったんですけど味のレベル的には〇亀や花〇のようなチェーン店と大差はないですね。名物ということでありがたがって食べる人もいますが個人的には讃岐うどんのキモはどこでも本場と変わらないおいしさが味わえるところにあると思います。

2018jibanhirose2.jpg


二日目は発表が無かった後輩と一緒に寺社や博物館めぐりをして民俗研究のまねごとをしていました。

三日目は発表が終わった後みんなと合流して淡路島の方まで足を延ばしました。高速道路を車で飛ばしているときに感じたことですが、高速道路の整備に関してはやはり関東に比べると劣る部分があると感じましたね。淡路島はやはり海の幸がおいしく、昔ながらの風景が残る景観を見ながらノスタルジーを感じることができました。


2018jibanhirose3.jpg

四日目は滝とつり橋を見に行った気がします。ハイライトは川遊び中に後輩の靴下が流されたところですね。

以上のように、公私ともに充実した学会となりました。このような機会を頂き、赤木先生には感謝しかありません。土木学会は発表のない身でありながら参加する権利を頂いたので、いろいろな人の発表を見て見分を深めたいと思います。


2018jibanhirose4.jpg

 

最終更新日 ( 2018/08/24 Friday 16:07:42 JST )
 
< 前へ   次へ >