Home arrow Alumni Blog
卒業生ブログ
BS-日テレ「リーダーズ・メッセージ」に出演しました
作者 小宮一仁   
2017/08/21 Monday 11:16:54 JST


 ご無沙汰しています。赤木研3期生の小宮です。7月29日(土曜日)放送のBS-日テレ「リーダーズ・メッセージ」に出演しました。(8月5日に再放送されました)。

ko201708_1.jpg

実はこれ録画でして、収録は7月5日の夕方から千葉工大で行われました。7月5日は昼から都内で、赤木先生と同じ委員会に出席していましたが、収録のため委員会を早退させて頂きました。今回は番組が放送された日の前後にあったことを報告します。


ko201708_2.jpg

7月26日にウギー湖でモンゴル国の副首相


ko201708_3.jpg

7月27日にウランバートルで教育大臣に面会しました。いわゆる表敬・陳情の類いですが、好意的に政府への働きかけ等を約束してくれました。モンゴルは昨年11月以来の訪問です。11月の気温はマイナス35℃でしたが、今回はプラス30℃でした。ただ、今夏は干ばつが酷く、草原の草が育たないということでした。国全体でも砂漠化が進んでいるということでした。


ko201708_4.jpg

11月に交流協定を結んだいくつかの大学の理事長や学長を訪ね、翌7月28日にはモンゴル国立大学と大学間交流協定を締結しました。モンゴル国の大学はどこも最先端科学技術と同じくらい土木や建築の人材育成に期待しています。


ko201708_5.jpg

7月29日の早朝ウランバートルを発ち、成田空港に帰国した足で大学に出て、同窓会支部の懇親会に顔を出して挨拶をした後、フィリピン大学と大学間交流協定を締結しました。夜は隅田川の花火の混雑を避けて、新宿でフィリピン大学の学長と食事をして親交を深めました。


ko201708_6.jpg

7月31日は東京のメキシコ大使館で、日墨交流プログラムにより千葉工大に滞在していた高校生や大学生の発表会と修了証の授与式を行いました。日本とメキシコ合衆国との交流は400年以上になりますが、江戸時代にメキシコの帆船が外房沖で難破し、付近の住民が乗員を助けたことがきっかけです。このため、今でも千葉とメキシコの間には強い繋がりがあります。授与式の後は羽田空港に直行して深夜の便でバンコクに向かいました。

ko201708_7.jpg

8月1日の早朝バンコクに到着し、昨年交流協定を締結したチュラロンコン大学を訪問しました。夏休み中でしたが学長や学部長らと話をすることができました。私の論文のコピーを持ってきた若い教員からサインをねだられ、急遽協定締結式ならぬ、論文へのサイニングセレモニーを行うという嬉しいハプニングもありました。

ko201708_8.jpg

夜は日泰の記念行事に出席し、タイ王国の教育大臣らと懇談しました。僅か25時間のバンコク滞在の後、翌8月2日に帰国し、そのまま大学幹部職員の暑気払いに参加しました。

さて、お近くにいらっしゃいましたら、是非、千葉工大の東京スカイツリータウンキャンパスを訪ねてみてください。キャンパスでは、千葉工大の研究成果の紹介等を行っています。お陰様で無料で大人も子供も楽しめるという評判を呼び、5年前にオープンしてから既に70万人近くの皆様に来校頂いています。外国からのお客さんもたくさんやってきます。御家族で楽しめるお勧めのスポットですよ。

 

小宮一仁(学部昭和62年卒)

最終更新日 ( 2017/08/21 Monday 11:19:40 JST )
 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 次へ > 最後 >>

結果 1 - 11 of 50