Home arrow Students Blog
A研学生日記
Sumnner School Bauhaus 2010 メール
作者 平岡   
2010/10/05 Tuesday 16:09:36 JST


Guten Tag 皆さんこんにちは。

赤木研、修士1年の平岡です。 まだ卒業するわけではないのに、割り込ませていただきます。

(有浦さんの熱烈なリクエストにお答えして!!) 訴訟はしないでね。

え~と、僕は今年の夏に、先生のご紹介の下、 ドイツのバウハウス大学(ワイマール大学)に短期留学をしました☆

それについて書きたいと思います。赤木研の事でなくて、ごめんなさい。

バウハウス大学とは、ドイツ語で“建築の家”という意味らしく、1919年にワイマールに設立された美術と建築の総合大学です。

昔から、工学で海外留学を経験してみたいという思いがあったので、申し込みました。

1人での参加だったので、出発前は緊張で眠れませんでしたが・・・(笑)

bauhaus1.jpg


bauhaus2.jpg


 

授業の風景はこんな感じです↓

  bauhaus3.jpg 

大学の校舎内です↓

bauhaus4.jpg

 バウハウス大学では、モデル化・シミュレーション・有限要素法に関する話が多かったです。

土質力学以外にも、構造物のモデルシミュレーションやガラス強度に関する話など、今まで聞いた事のない話もたくさんありました。

授業以外にも、グループワークが盛んにあり、 当然の事ながら(笑)地盤工学を選択☆ “Introduction to Experimental and Numerical Geodynamics” というグループで、地盤の波動探査を現地で行なったり、室内試験で砂の波速度を測定したりしました。

あと、地震応答解析や地盤変形解析などのコンピューター解析もしました。(難)

bauhaus5.jpg

グループワークの集合写真です。名古屋工大の学生も一緒でした。  


これはSASW法という現場試験です。 振動で地盤速度を測定するものです。

bauhaus6.jpg

 

これは室内試験での波速度の測定です。現場との比較をしたりします。  

bauhaus7.jpg


そして、1番緊張したのは、自分の研究発表… これはクラス内の数人が自分の大学で行なっている研究について発表するという企画です。 英語での発表と質疑応答は、かなり緊張しました★
 

bauhaus8.jpg

発表したタイトルは“Liquefaction Resistance and Permanence of Chemical Grouting” で、“薬液注入の液状化抵抗と長期耐久性”についての内容を話しました。

bauhaus9.jpg

 質疑は、英語で無事(?)突破し、 その後は先生や友達から色々と薬液の事を聞かれました。 そこそこ反響はあったかと(たぶん)。。。

バウハウス大学では、授業以外にもパーティーがあったり、サッカー大会があったり、 友達と郊外のお城を観光したりしました。

Welcome party

bauhaus10.jpg

Farewell party

bauhaus11.jpg

サッカー大会後のバーベキューです。 

bauhaus12.jpg

bauhaus13.jpg

ワイマール郊外のお城に行きました。かなりの田舎です(笑)    

bauhaus14.jpg

bauhaus15.jpg

 

あと、大学以外にも、1人でドイツの各地を散策してきました。

順番としては、 成田→ミュンヘン→ミュンヘン郊外→フランクフルト→ワイマール→ケルン→ハンブルク →ブレーメン→アイゼナハ→ライブツィヒ→ベルリン→成田☆

たくさん写真を紹介したいのですが、さすがにクドイと思われますので… 一部だけ紹介したいと思います。
続きを読む...
 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ > 最後 >>