Home arrow Students Blog
A研学生日記
ゼミ合宿と黒部ダム見学 メール
作者 小林 尚登   
2013/10/01 Tuesday 11:26:20 JST

赤木研究室B4の小林です。研究室では道路舗装について池内先輩とともに学んでいます。千葉県の八千代松陰高校出身で、趣味はドライブです。よく千葉の田舎を愛車で走り回っています。

先日914日から18日まで、ゼミ合宿で軽井沢セミナーハウスと黒部ダムまで行ってきました。その34日の思い出を振り返りながら、つれづれとブログの記事を書かせていただきましょう。

 

914()

・朝9時に集合

・レンタカーで軽井沢まで

・卒論ゼミ中間発表会

・ゲストの先生との交流会

・飲み

一言で軽井沢までと書きましたが、途中で長い長い渋滞にはまったり、別なセミナーハウス(おそらく他大学?)に行ってしまったりと、色々なことがありました。カーナビの目的地設定では、早稲田大学セミナーハウスではなく、早稲田大セミナーハウスで登録しないと正しい位置に案内されないみたいですね。来年のB4の人はこのカラクリに気付くことができるのでしょうか…

中間発表は、今度104日に開催される関東地盤工学会での発表の予行練習という意味を兼ねています。先輩方やゲストの方々から矢のように飛んでくる質問に怖気づきそうになりましたが、なんとか自分なりに納得できる発表はできました。とはいえ、あらかじめ同期の連中と発表練習はしていましたが、まだまだ詰めの甘いところがあります。4日に向けて、文章に推敲を加え、さらに発表練習を重ねていきます。

 

915()

・サッカー&ソフトボール

・温泉巡り@草津

BBQ

・飲み(2回目)

あいにくの天気となってしまいましたが、雨にも負けずに、元気にサッカーとソフトボールを楽しみました。初めて見る赤木先生のスポーツ万能っぷりに私たちB4メンバーは驚かされました。ゼミ合宿は例年雨模様と聞いていますが、来年こそは晴れるといいですね!

びしょ濡れになりながら運動した後は草津温泉で汗を流しました。実は私にとっては初めての温泉なので、硫黄の匂いや温泉街の風景など感じるもの全てが新鮮でした。

 

kobayashi1.jpg

 

916()

・卓球

・宇奈月温泉まで移動

この日は専ら移動の一日となりました。しかし秘境、黒部までの道中では、前日からの豪雨で河川増水の警報が発令されたり、それに伴って経由予定の高速道路が通行止めとなったりと、そう簡単にはたどり着くことができません。このようなハプニングも旅の醍醐味であり、不測の事態というものは私たちをまた少し成長させてくれるものでもあるのでしょう。

午後1時に名残を惜しみながらセミナーハウスを出発し、富山駅に着いたのは8時ごろでした。

 kobayashi2.jpg

917()

・黒部ダム見学

富山県の黒部ダムへと見学に出かけました。日本一の落下高をもつ黒部ダムの貯水池、アーチ式堤体、排水設備のみならず、発電機構や、地盤応力の測定機器など通常は見学のできないコースを見せていただけることとなりました。50年前の日本人が造ったそのダムは技術の結晶であり、作業員の方々の汗と涙の産物です。百人を超える殉職者を出しながらも困難に立ち向かうその情熱は、私たち未来の技術者に学ばせてくれるものがあり、大変有意義な機会となりました。

 kobayashi3.jpg

おわりに

この度のゼミ合宿で、お世話になった全ての方々にこの場を借りて、改めてお礼を申し上げます。講義や飲み会にて貴重なお話を私たちに聞かせていただいた赤木先生、ゲストの方々、研究室から私たちを支えてくれた有浦さん、修士の先輩方、そして同輩のみなさん、本当にありがとうございました。

  kobayashi.jpg

 


 
<< 最初 < 戻る 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ > 最後 >>