Home arrow Students Blog
A研学生日記
赤木研の魅力♪ メール
作者 田中   
2008/12/02 Tuesday 16:22:07 JST

卒業してるのになぜか指名された07年院卒の田中です。

赤木研の魅力といえば、実験とアルコールではないかと。

 

実験に関していうと、埋め戻し材の研究が印象に残ってます。

 

内容自体はシンプルな研究だったのに、次から次へと問題が出てくるという感じで、一瞬も気の抜ける瞬間がなかったように思います。

 

下の研究室の電話は、ほぼ8割が埋め戻し班で占拠していたので、

あの白い電話の感触とかも今思うと懐かしいです。

 

固定してないからすぐに床におっこちたりするし(笑)

 

 

もっとも、研究の大変な部分は神谷さんまでで完了してましたから、メトロ西早稲田駅の半分は、神谷さんの汗と涙でできているといっても過言ではないです(;´Д`)

 

 

1.png

(地下鉄の西早稲田駅です。きちんと開通当日に行きました!)

 

 

また、アルコールについても印象深いですね。

 

情けない話ですが、卒業してからアルコールの周りがかなり早くなりました。

ズブロッカはおろかホッピーでさえ、すぐに酔っぱらうという。。。

 

最近はもっぱらビール専門なので、飲み会が長引くときつい感じです。

酔いはいいとして、ビールはお腹が膨れるので。

 

また、在学中は赤木先生や仲山さんには、かなりおごっていただいたので

とても恵まれた環境にいたんだなぁと感じてます。

 

研究室の戸棚にも常にお酒がストックしてあったので、

今思うと別次元のような。


2.png

(ラーメン二郎系列の油そば。2008年で一番美味しかったと断言できます!)

 

まだまだ書き足りないことはあるのですが、公式ページに乗るようなので

相当内容を自粛して書きました。

 

 

で、次に誰に回すか考えた結果、遠山さんか志賀だろうと。

 

自分以外で遠山さんにふる人はいなさそうので、

「最近の赤木研」と題して遠山さんに回します。

 

きっと充実した文章を書いてくれるでしょう。

 

それでは、またどこかでお会いしましょうm(_ _)m

 


 
<< 最初 < 戻る 11 12 次へ > 最後 >>